ホーム » ゲーム制作 » 3D人間ジェネレーター、現状どんなものがあるのかまとめてみたよ

3D人間ジェネレーター、現状どんなものがあるのかまとめてみたよ

3Dゲーム作るのに人間のモデルが必要になったときの選択肢のひとつに、
人間のジェネレーターを使うのが良さそう。
人間のジェネレーター という言葉はないけど、これといって通称がないので、ここではそう呼ぶことにします。

どれがいいのか、悪いのか、ちょうど迷っているところ。

MakeHuman

年齢や性別、体型など、細かく設定できる。
髪の毛や服のプリセットもあるので、ここだけで完了できるのは強い。
ボーン付きのFBXファイルを書き出せるので、そのままUnityで使えることを確認済み。UE4でも多分大丈夫。

VRoidStudio

日本アニメ風の3Dモデルが作れる。
髪の毛や瞳のタッチを、絵を描くように変更できるのが強み。
このソフトだけで完結できる。
ベースの型は決まっているので、安定してる分、極端なものは作れない。
Unityで使えるらしいのを見聞きしたけど、自分では未確認。


MB-Lab

blenderのアドオン。
年齢や体型などを細かく設定できるうえ、ボーンも自動でついてくる。
服のプリセットがあるはずなんだけど、バージョンのせいなのか見当たらなかった。用意されてる髪の毛も、ゲームではそのまま使えない規格のものかもしれない。
色々、調整したりしていけば使えそう。
クオリティーは高いけど、ゲームに使えるように持っていくのに色々準備がいりそうな雰囲気。

Zbuilder2

ZBrushの有料プラグイン。
年齢や体型など決めたあと、 ZBrush 標準のスカルプトで仕上げることもできる。ボーンは他のツールでなんとかしないといけないので、これだけは完結しないが、自由度は高いと思う。

UMA

Unityの無料アセット。
Unity内で年齢体型などを決めて、書き出せるみたい。
まだよくわかってないけど、多分そのままUnityで使用できる。

Fuse CC

いつの間にアドビ製品になってた。
料金体系がふわっとしててわかりずらいので、なんとなく怖くて近寄らないようにしてる。
すでにアドビのコンプリートプランに入ってる人だったら、心配はいらないかもしれない。よくわかんないけど、調べてない。

クオリティーは安定してて良さそうではある。
これも体型とか決めて人間を完成させるところは、他のツールと一緒。
服や髪のバリエーションが多いのは強そう。未確認。

Character Creator

ちょっとお値段はするが、クオリティーは高い。
お金に余裕があれば、これ一択でいいと思う。
欲しい。

おしまい

自分が知っているのは、大体このぐらい。世の中にはもっとあるかもしれない。 結局は、自分でモデリング上達したらいいんだけどね。 モデラーさんの肉を食えばいいのかな。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

管理人

ハンドルネーム:タケハタ
本名:波田野剛望(はたのたけみ)

お絵描きとゲームが好きなオス。
2020年の目標は、スチームでゲームをリリースすること。