ヴぁ部

イラスト、ゲーム、3DCGの個人サイト。

私生活

どんなゲームシステムがナウいのか水平思考/友好度システムについて

「ゲームを遊んでいて、自分ならこうする」っていうのを大事にしようっていうコメントがツイッターのTLで流れてきた。
確かに。
そういうところから、アイディアが育んでいくんだなと思った。

自分の中でもそういうのがひとつあって、ゲームの友好度のシステムで、常に思っていることがあった。
それは、友情よりも恋愛のほうが、上位の扱いにされているということだ。
恋愛は素晴らしいことだが、それが人間関係の中で一番てっぺんなのか?
といつも思う。

NPCと交流して仲良くなるシステムは、世界観に深みがでていいんだけど、
異性キャラクターに友情があっても、恋愛という訳ではない場合の選択肢がない(場合が多い)。
そして恋愛に発展するのが、一番エライこととされている。
もっと色んなバリエーションがあってもいいのにと思った。

◆ペルソナ3では複数の異性と同時に交流を深めると、ペナルティがある。
そんなつもりじゃなくて、みんなと仲良くしたいのに。
◆ フォールアウト4では、関係がMAXになるとロマンス状態になり、そのキャラにちなんだスキルを習得できる。そこまではいい。
ただ、こっちは複数のキャラと関係を持っても何のペナルティないので、主人公は、スキルを覚えるために、身近な人に次々に手を出す人になってしまう。
ロマンスじゃなくて友情MAXという項目を用意したら良かったのでは? とずっと思ってた。

つまりは仲が良いかどうか、友情か恋愛かの2種類ではなくて、いろんな種類の関係性があって、それぞれメリットデメリットがあるようなゲームはどうか。
そういうのを作れないか考えているところ。
でも複雑にしたところで、面白さにつながる訳ではないんだよなぁ。
うむー。

結局、振出しに戻る。
でも色々考えた記録として残しとこう。

あと、アマガミというゲーム。
未プレイだけれど 、自分が思い描いてるイメージに近いかもしれない。
あれは、キャラの関係性がスキ、ナカヨシ、ソエンの3種類に分岐していく感じらしい。関係が不可逆に分岐してくのが良いよなぁ。

思案中。
なんか思いついたら、まだ追記します。

コメントを残す

Theme by Anders Norén