ホーム » 2020 » 6月 » 11

日別アーカイブ: 2020年6月11日

マジックザギャザリングに差別問題の余波

少し昔に「ちびくろサンボ」という絵本があった。
絵本の内容は、虎が何故かバターになるというシュールな話で、差別的な表現はない。ただ、サンボという表現は、良くない言葉だったらしく、それに抗議が起こり、この絵本は世界から消えた。
そんなエピソードがあったことを、ぼんやりと思い出した。
その時と、似たようなことがさっき起こったからだ。

マジックザギャザリングというカードゲームで、7枚のカードが消滅することになった。
その理由が、差別的な表現があるカードだったからだそうだ。
どんなカードが禁止になったのか、どの部分がアレだったのか気になったので調べてみた。

※テキストはWikiから引用

Invoke Prejudice (青)(青)(青)(青)
エンチャント

対戦相手1人が、あなたがコントロールするクリーチャーと共通する色を持たないクリーチャー呪文を唱えるたび、そのプレイヤーが(X)を支払わないかぎり、その呪文を打ち消す。Xはそれの点数で見たマナ・コストである。

Cleanse (2)(白)(白)
ソーサリー

すべての黒のクリーチャーを破壊する。

Stone-Throwing Devils (黒)
クリーチャー — デビル(Devil)

先制攻撃1/1

Jihad (白)(白)(白)
エンチャント

Jihadが戦場に出るに際し、色1色と対戦相手1人を選ぶ。
選ばれたプレイヤーが選ばれた色のトークンでないパーマネントをコントロールしているかぎり、白のクリーチャーは+2/+1の修整を受ける。
選ばれたプレイヤーが選ばれた色のトークンでないパーマネントをコントロールしていないとき、Jihadを生け贄に捧げる。

Imprison (黒)
エンチャント — オーラ(Aura)

エンチャント(クリーチャー)
プレイヤーが、エンチャントされているクリーチャーの、その起動コストに(T)を含むマナ能力でない能力を起動するたび、あなたは(1)を支払ってもよい。そうした場合、その能力を打ち消す。そうしなかった場合、Imprisonを破壊する。
エンチャントされているクリーチャーが攻撃かブロックするたび、あなたは(1)を支払ってもよい。そうした場合、そのクリーチャーをタップし、戦闘から取り除く。この戦闘でそれによってのみブロックされていた、それがブロックしていたクリーチャーはブロックされていない状態になる。そうしなかった場合、Imprisonを破壊する。

Crusade / 十字軍 (白)(白)
エンチャント

白のクリーチャーは+1/+1の修整を受ける。

ざっと効果に目を通してみると、自分の色を有利にし、別の色を不利な状況にするものという共通点は見られる。
でもそれが理由だとすると、そういう類のカードはこの7枚に留まらず、大体のカードがそうなる。

あとマジックザギャザリングには5色の色があり、白は秩序と正義。
黒は狂気と死という、そもそものコンセプトカラーがあり、黒は邪悪な色という前提がある。それが、差別問題に触れるというなら、このゲーム自体の存続が危うい。

他のゲームではどうだろう。
属性を色で分けるものはあるが、闇属性は紫色が多かったりする。
配慮があってそうなってるわけではないと思うが、黒を避けるのであれば紫が妥当である。

結論。
いつ個人のゲームにも余波がくるかわからないので先手を打った方が良い。
個人でゲームを作る人は、エルフやゴブリンにも人権があることも思いをはせながら、闇属性に該当する魔法や技は、紫にしとくのがいいと思った。














管理人

ハンドルネーム:タケハタ
本名:波田野剛望(はたのたけみ)

お絵描きとゲームが好きなオス。
2020年の目標は、スチームでゲームをリリースすること。