ホーム » 私生活 » ゲーム完成できない病からの脱出

ゲーム完成できない病からの脱出

頭に浮かんだゲームは神ゲーなのに、実際に作ろうとすると形にならない。
実力以上のことをやろうとしてたんだなと冷静になって考えた。

長編の超大作も作りたいが、コンパクトでカジュアルに遊べるゲームも合間に作って経験値稼ぎをしようと思ったのが6月の初めでした。

で、作ってみた。

神経衰弱にRPGの要素を加え、インド風味にした内容のゲームです。
3分ぐらいで遊べます。

今はなき「神経衰弱塔」っていうブラウザゲームの影響を強く受けて作ったものです。

「神経衰弱・インド編」ブラウザで遊べます。


ここで反省会。
ちょっとしたブラウザゲームを作るのにも一か月掛かってしまった。
作るスピードが遅いかもしれない。
思いついたアイディアはすぐに形にして、どんどんリリースするのを目標にしたい。

とはいえ、自分はゲーム作っているのに完成できない人間じゃないかと不安が膨らんでいたのが、その呪縛を解くことができたってのは収穫でした。

今はまだ、超凄いゲームは作れていないけれど、いつか超凄いゲームが作れるはずだと信じて、頑張ります。

千里の道も一歩から。
少しづつ進んでいけばいいんだと思いました。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

管理人

ハンドルネーム:タケハタ
本名:波田野剛望(はたのたけみ)

お絵描きとゲームが好きなオス。
2020年の目標は、スチームでゲームをリリースすること。