ホーム » 「技法書」タグがついた投稿

タグアーカイブ: 技法書

「背景」の描き方事典 レポート

背景の絵を上手に描けたら良いなと思って、手に取った本。

この本の良いところ
・自然編と室内編でカテゴリーがあり、内容の振り幅も広い。
・純粋にお手本の絵が綺麗。
・言われた通りに描くと、それっぽく描けるようになってる。

Photoshopを想定して書かれてるので、そこは注意かもしれない。
CLIP STUDIOだったら代用が効くと思う。

以下、お手本に習って描いた絵。
お手本はもっと綺麗です。

一番最初は、空模様について学ぶ。
空は時間帯や天候によって、色々姿を変える。
その書き分けを、ブラシやレイヤーで色々頑張ろうという感じでした。

次は、自然物について。
葉っぱとか水とかの、質感表現についてのアレコレを学んだ。

次に家具の色々。
木、ガラス、金属とかの質感表現について学んだ。

この辺まで頑張りました。
この後のページで時計とか石畳とか障子の描き方について載ってたんだけど、
それはまたの機会にやろうと思う。頑張る。


管理人

ハンドルネーム:タケハタ
本名:波田野剛望(はたのたけみ)

お絵描きとゲームが好きなオス。
2020年の目標は、スチームでゲームをリリースすること。